プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行って来ました!FCI

 28日日曜日は、神奈川県平塚市で、FCI東日本インターナショナルトライアルが開催されます。
我がスクールからは、先生の愛犬ヤマトくんと、8歳の黒ラブカグヤちゃん、そして同じく8歳のディルフィーの参加。
先生曰く「年より組の参戦」。 

 和歌山を土曜日の夜10時前に出発し、神奈川の平塚着は日曜朝の6時前。
まだ開門でなく、車でしばし待機。

と、ディルフィーが車のドアを前足で軽く掻いて私の顔を見る。
「どうしたの?まだ降りれないよ」というと大人しくなるが、しばらくするとまた、ドアを掻き掻き。
おしっこかな?と、思ったがもう開門の気配なので、
「ディーちゃん、もうちょっとだけ待ってね」・・・が、さらにドアを掻くディー。

これだけしつこいのはただ事ではないと、思っていたらディーちゃん、いきなりゲロ~。
濃い胃液を吐きました。
慌てて車から降ろすと、お外でさらにゲボ~~。寝不足とストレスが原因かしら?

 ディーは家でも、吐きたくなると「お外に出して」という。
ゲボも排泄と同じで「お家の中でしてはいけない」と、考えているらしい。
我が子ながら冷静な子だ(ちなみに妹達は、ゲボに関しては処かまわず。女としてのたしなみに欠ける)

 今日の平塚は曇りのち雨の予報。 
受付の始まる7時くらいまでは涼しく過ごしやすかった。
競技開始は8時から。「今やりたいな」と思ったが、ディーの出番は、二部E班9番目。
9時半くらいの予想。気温、湿度が微妙。


 だんだん蒸せてきた。待機中のディーも少し辛そう。

 
IMG_2361.jpg


 競技開始。
出だしの紐付き脚側。冬場の元気な脚側にはほど遠いが、一応ちゃんと着いてくる。
次の紐なし脚側。急に遅れ出したが、最後のコーナーを周る頃にはなんとか・・・
 
 IMG_2363.jpg


招呼――元気があるとは言い難いが、まぁ無難なとこ。

伏臥――徹底的に直して臨んだつもり。伏せた途端脚を崩しかけたが戻した。

立止――スピードに欠けるが、きれいに決まった。
 IMG_2373.jpg

行進中の伏臥は、それなりだったが、行進中の停座で、またまたライン手前で崩れかけ、伏せてしまい、座らせるのに3声附要した。
まるで、先週のドラハの焼き直し、悪夢がよみがえる。

その他の科目は無難にこなしたが、全体的に脚側に切れがなく、精彩を欠く、ダラダラした内容。

終了後のジャッジの講評。
「紐なしになった途端、別犬になってしまったと思いましたが、上手く立て直しましたね。
行進中の停座が3声附になってしまいましたが、それ以外は特に減点箇所はなかったです。
それだけにあの3声附はとても惜しいです」

はぁ?つまり行進中の停座以外は良かったってこと?
あの脚側で?全体的にあのだらけたムードで?



 結果。
14席。リボンには遠く及ばず・・・・・・・まぁ当然の結果でしょう。


が~~~~、95・4点でポイントカード出ました。
 CIMG4985.jpg


し・信じられない。
あの内容で、審査の厳しいと言われる、関東で、FCIの大舞台で・・・

なんだか納得のいかない自分がいる(いや、頂いておいてなんですが、自分的には正直な偽らざる気持ちです)

まぁジャッジの好みの問題でしょう。

多少雑で粗くても、「元気」を優先するジャッジもいれば、
スピード感、元気さに欠けても、確実で安定した競技が好きなジャッジもいます。

今回のジャッジは後者だったのですね。

しかし、あの一発屋の、「一か八か男」のディーに、安定感を見たとは、不思議だ。


 今回は、欲しかったリボンは無しで、欲しくもないカードはもらえた、微妙な結果です。
(10席までリボンの出るFCI。カードは無くてもリボンはあるという状況も多くある)

「カードはいらない」とは、とても不遜な態度に聞こえますが、本当に私、カードは別にどうでもいいの。
グラチャンを目指すなら、カードは喉から手が出るほど欲しいが、私とディーはグラチャン目指しません・・・いや、目指せませんから・・・

グラチャンには累計60ポイント(ディルフィー、現在32P)の中に、メジャーカードと言って、CDⅢ以上で貰ったカードが1枚必要になります。
CDⅢは、持来(簡単に言うと、10m投げたダンベルを咥えて持って帰ってくること)と、
障害飛越(障害を跳ぶこと)が、必須科目ですが、ディーは出来ません、教えてません。
両方とも遊びでなら出来ますが、競技会用の内容では教えてません。

訓練試験の時に見て頂いたK先生は、
「この子なら、先生に言うて(訓練)入れてもろたら、すぐ覚えるやろ?」と言って下さいましたが、うちのY先生はディーに新しい事を教えるつもりは無いらしいです。

「嫌や。(障害教えて)足でも怪我されたらえらいことや」と言います(私も同感)


 こんな感じで欲しかったレア色のリボンは逃しましたが、お友達にも会えてとても楽しい一日でした。

そのお話は、また後ほど・・・・







 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。