プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう泣かない・・・!?

 この2週間、どれだけの後悔と涙をしたことか。 

でも、私もディルフィーも大丈夫です。
今後の方向性も決まりました。

そう決めた事が、良かったのか?悪かったのか?はわかりません。
どの選択が正しいのか?なんて神ならぬ人の身では解りようもないことです。
それは、最後の最期の刻が来ても誰にもわからない事だと思います。




 だからこそ、後悔し、悩み、迷い、慟哭し、哀しみなんて言葉では言い表せないような半身がもがれるような痛み、時には他人を妬む自分に嫌悪しながらも、前を向いて歩いていかねばならないと、自分に言い聞かせています。

そう言い聞かせないと折れそうになることがあります。



 先日、ディーの額と頬に、白くカサカサと粉がふいているのを見つけました。
「なんだろう?」と、考えたら、前の晩に私がディーを抱きしめ泣いた涙が乾いた跡でした。

「ごめんね。ディーちゃんの可愛い顔にこんな跡付けちゃって…」と謝りました(謝りながら、また泣きそうになったばか者です)


 

 今、私達夫婦は最愛の我が子の、QOL、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の向上を目指し、彼が彼らしく、そして犬らしく生きていけることだけを考え、共に歩みたいと思っています。

 今この一瞬を大事にし、今日は今日だけを見つめていたいと思います。
そうすることによっておのずと、明日、数ヶ月後、数年後…がついて来るのではないかと信じています。

 
 もう泣かないと決めました――実行できるかどうかわからないけど。

今度泣く時は、この子を天にお返しする時と決めています。
その日が一日でも、1分でも、1秒でも先であることを願っています。




 今は、驚くほど静かに、平穏に刻も気持ちも流れています。
ディーも、お散歩にもちゃんと行って、一度に沢山は食べれないけど、「それ嫌い」もあるけど、食べる意思を示してくれています。
首をあげている時間も多くなり、私の動きに反応も見せています。
「母さん、どこ行くん?おでも行く~」と……

普通の老犬との暮らしのような穏やかな生活です。


 多くの方にご心配頂き、本当に助けられ励まされています。
私たちは大丈夫です。
ありがとうございます。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。