プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最低・最悪男!!

 今日はグランド訓練の日。
グランドに行くのは本当に楽しい、お仲間といるのが楽しい。

うちのスクール、雰囲気だけは最高だと思います・・・そう、例え打率は悪くとも・・・

 まずは、ただ今脚側強化月間のサブちんから。

亀の歩みではあるが確実に進歩している(あくまでも当社比)
劇的に遅れる事はなくなった。
が、形としてはまだまだ。
お首ももう少しあがって欲しい。

 そんな私達に先週先生が、「ショー用の細いリードを使ってみたら?」と、アドバイス。
あれを掛けると普通の子は自然に首が上がる物らしい。

何故か、ショーリードは家にある。

それをオクシパッドに掛け、いざ・・・・・う~ん、どうも何も変わらない気がする。私の掛け方が不味いのか?

 今日、私自身はいつものカラーで練習しましたが、練習後ショーリードを掛けたサブちんを先生に貸してあげました(笑)

するとサブ、後ろ足で立ち上がり、初めて手綱を付けられた野生馬の様に暴れる。
久しぶりに見る、暴れ馬サブを調教する先生の姿。
「どう、どう、どう」と先生――それじゃ、まんま馬の調教ですがな。

 しばらくサブと歩いて先生。
「何も変わらんね。これ、あかんわ」――先生、サブに関しては諦めが早い。方向転換、早っ!

先生は決して堪え性の無い方ではありません。逆にサブと私を今まで見捨てずここまで導いてくれたお若いのに大変人忍耐強い方です。――ただ、天然なのは否めないが・・・

サブを長い間見てきた先生の出した結論――やはり、サブには秘策はない様です。今まで通り地道な努力あるのみ。


 次はディルフィーの番。
と、思ったらチョークチェーンが絡んで、知恵の輪状態――私の最も苦手とする分野。

知恵の輪を外す努力をしながら、ディーはノーリードでグランドに入れる。
ウホホ~イイと弾んでいたディーが、グランドの隅の何かを口に入れたのが、離れていた私に見えた。
「ディルフィー、ノー」と叫ぶと、ディーの口からボソッとしたものが落ちた。
見ないでもそれの正体が私には想像がついた。
「ディルフィー、来い!」と怒鳴ると、逃げ出した――もうこれで口の中の物の正体は完璧にはっきりした。

手に持っていたリードを、猛獣使いの様に地面に打ち鳴らし再度、「ディルフィー、来い!」
これで奴はすごすごと私の元に戻って来る――ここまで怒りのオーラーを出さんとわからんのか己は。

口を開けると、いや、口を開けさせる前から強烈に漂うこの匂いは、まさしく“猫のウ〇チ”――あまり悪癖と言う物のないディーだが、これは止められない悪癖。最低、最悪。

顎を地面にグリグリ押しつけ「ディルフィー~おまえは~~」――注;名前を呼んで傍に来た愛犬を叱ってはいけません。これ、躾の基本。

引きずるようにして水道の処に行き、口の中にジェット噴射――蛇口に口は付けておりません。

「オデ、今お喉乾いてないです・・・」というディーの口にガンガン水を流す。虐待一歩手前――ディルフィー、間違ってもその水は飲むな!

すすいだ後も、なお臭し・・・な、ディーの口――ーお前、息するな。
出来たら至近距離での脚側行進など避けたいところ――「なんか別のおやつ食べさせても(匂い)消えませんかね~」と、天然の先生。

「まぁ、今日は(訓練)軽く流す程度にしときましょう」と、先生。

 そんなディルフィーだが、今日の訓練はまずまずな出来じゃないですか!?
ここのところ二人の息がまるであってなかった行進中の伏臥もピタリと決まった――伏臥がやや斜めになったのは私のご機嫌取ろうと、顔を前に出し過ぎていた故(でも、その口を私のブルゾンの裾にくっつけるな)

同じくここ最近反応が遅れがちだった、行進中停座もピタリ、ライン上――10点。

 練習前に思わぬアクシデントから締めあげた事が練習にはプラスになった――ディルフィーくん、しごく普通の犬の反応。
これがサブだったら、まるで練習にならないと思う――有難い事にサブにはそんな悪癖はない。

 ディルフィー、最低最悪男――今日はベロチュウ絶対禁止!

 ちなみにニキには、自分のやりたてのウ〇チを食すという悪癖があります――これは、話すと長くなりますが、この子の幼少期の環境に大きく関係している。

 自分のウンと猫のウン・・・内容とで出どこがはっきりしてるぶん、自分のウンの方がマシ――そう思える私は遠に感覚が麻痺しているものと思われる。

 本日の最低、最悪男・ディルフィー9歳。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。