プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訓練競技会 おまけのディルフィー編

 昨日も「競技はエントリー番号順で」・・・という主催者側の意向ではあったが、そこは関西、段々と秩序は乱れて来てディーの出番辺りにはかなり乱れてました。

そうなると今度は時間を読んでリンクに行ったつもりが先に順番待ちしてる方とかいたりして、段取りが狂ってきます。

 今年初の大会、大阪での大会、ブロック大会と言う事もあり参加者およびギャラリーも多く、
多くの方とは新年初のご対面となり、そこかしこで新年のご挨拶(私、ディーと待機中ですが何か?)
 そんな歓談の最中、いきなり背中をバンと叩かれる。
振り向くとBくんまま、
「リラックスし過ぎ!緊張感の欠片もない!!あっちでバーディままと見てて、『ガチガチに固まるのも良くないが、あれはリラックスのし過ぎやろ?ちょっと締めて来るか?』って言う事で来た」と言われた。

 その後、集中力を高めつつも余分な力は抜く施術をしてもらう(Bくんまま、ヨガや気功等をやってて、私とバーディままの精神修行の先生)


 そして、ディルフィーといざ出陣。

脚側行進、前回ドラハでバーディままを感動させた元気で綺麗な脚側はない。
やや遅れる箇所もあった。
この日のディーちゃん、テンション低め?(「出番前に愛想ふりまかせ過ぎで疲れたんや」の声も?)

でも、紐なし脚側の速歩の頃には少しづつ調子が戻って来た。

 IMG_2504.jpg

何よりもこの日のディー、前回注意された脚側停座の被りがまるで無い。良い位置だよ。

IMG_2539.jpg


脚側行進のテンションの低さの減点は大きいが、ここから巻き返し頑張るぞ~!

『招呼』『伏臥』・・・・細かい事を言えば切りがないが、まぁ可もなく不可もなくって事で。

『立止』・・・・一度目の「タッテ」のコマンドをディー無視。
私の顔を見上げ、「母さん何かいいましたかいね?」って顔。
言った。「立って」って言った。だからそんな母さんの気持ちを察して今からでも遅くない、
「立て、立つんだ、ディー」

あかん。
全くこっちの気持ちを理解してない、座ったままニコニコで尻尾振って私の顔見て笑ってる。
これ以上待っても無理。
しかたないので断腸の思いで再度「タッテ」

「なんだ~立つんですか。それならそうと早く言って下さいよ。そんなの簡単ですよ」と、スクッと立ち上がるディー。

だから、さっきも言った。これで二度目。

終わった。もう終わったな。

 でも、この日の私は偉かった。
以前なら一つミスが入ると、「あ~ぁ」という表情になりその後の作業が雑になり元に戻るまで2~3の作業を消化してるのだが、この日はすぐ気持ちを切り替え最後まで頑ばった。
 IMG_2516.jpg

 後は全て一声附で終えた。

ジャッジの講評。
「よう出来てるで。あの二声附は惜しかったけどな。まぁ、次も頑張って下さい」

これが中略も一切ない講評の全て。
まぁ、なんてあっさり。


 リンクを出て、バーディまま、Bくんままに、
「はい。お疲れ様。今年初の競技終了。終わった事は忘れましょう」と、言うと、

「今回はディーちゃんは悪くないで」と、二人が声を揃えておっしゃる。


「わかってるよ・・・・・」と、小さな声で私。

立止が二声附になったのは、珍しくディーまでもが風の匂いを嗅いで余所見。
それがわかっていながら、私が焦ってよそ見しているディーにコマンドを掛けてしまった。
そんなに長くは余所見しないだろうディーのこと、後2秒余裕を持てば済んだ事なのに・・・・
痛恨のミス。

 でも、私焦りもあったけど一瞬ミラクルを夢見てしまったの?
そのミラクルとは?

 バーディままさんちのバーディくん、余所様の大事な御子息にこんな事言ってはなんですが、“余所見大王”です。

しかもちょっと余所見なんて物ではなく完璧首は90度横。
自分に全く意識の向いてないワンコにコマンドを出す怖さ。

ある時の招呼(いや、いつもと言うべきか)足元の匂いかぎに懸命でママの方をチラリとも見ようとしないバーディくん。
この状況でどのタイミングで呼ぶんだ?バーディまま。
相変わらず顔を上げないバーディくん、
が、ままは「来~い」
見ている誰もが「あ~ぁあれは無理よ。全然聞いてないもん。来るわけない・・・」と思った瞬間、ままの元に駆けて行くバーディくん。
「すっご~い」ギャラリー感動。

 腕輪跳びこれまた余所見バーディくん、
でもままはそんなバーディくん無視して「跳~~べ」・・・・これでバーディくん跳んじゃうんだよね。

あれは一種の才能だね。
全く人のコマンド聞いて無いように見えて実はちゃんと聞いている。
ミラクルな特殊技能だよ。誰にでも出来るものじゃない。

 そんなバーディくん・・・・最近余所見が少なくなっ来て、私的には少しつまらん。

で、ディーにもそんなミラクルはあるのか?・・・・とか思ってしまったわけよ。

おい、本番中にそんな実験試みるなよ私。
やはり、この日の私は緊張感に欠けていた。

そしてやはりディーは普通の犬だった。ミラクルな神業はなかったよ。


 そんなこんなでディーとの競技は終了。
残念な結果に終わりましたが、誰も悪くない。そう、ちょっと運が悪かっただけ。

「ちがうやろ。あれは完全に母が悪いやろ」とバーディまま・・・・・

まぁまぁ、いいじゃないですか。
私の座右の銘。
「笑って誤魔化せ自分の失敗。しつこくののしれ他人の(ディーの)失敗」
ですから・・・・


 2010年 初の競技会ディルフィーくん、97・5点。席次・・・8席?9席?詳しく見てない。

ポイントカードのみでリボンのお土産はなし。

カードだけは着実に溜まって来てる―――必要ないのに。

 まぁ、次から頑張ります。
スポンサーサイト
コメント

すごいなー~

今晩は お初のコメントとなります
今回はディー君の勇姿を見れなかったけど
よそ見してるのが当たり前で号令をかけてる自分とは大違いですね (納得しました)
練習ではできても本番エリアに入ったとたん、犬が変わるペルです。
なので、よそ見(90°どころか180°もあります)
しようが寝とぼけててもしっかり聞こえる様なコマンドをかける様に心がけています。
ほんと、本番では上の空なんです
次は3月ですかね ディー君目指して頑張ります。
『ちゃんと、こっち見~やぁ!』ってね  

No title

v-22らぶ&べるらさん

お初のコメントありがとうございます。
とても嬉しいです。

>よそ見してるのが当たり前で号令をかけてる自分とは大違いですね (納得しました)

おリボン持って帰るような方が何をおっしゃいますやら。

>よそ見(90°どころか180°もあります)
しようが寝とぼけててもしっかり聞こえる様なコマンドをかける様に心がけています

私に言わすと、その方が凄いです!
うちは絶対ダメ。
ちゃんと私に意識がいってないとまず失敗します(それが普通なんでは?バーディくんのはミラクル過ぎますから~ 笑)

>ディー君目指して頑張ります

いけませんよ、ディーなぞ目標にしているようでは・・・・
もっと上を目指さないと~。

では、またお会いできるのを楽しみにしています。
その間は、ちょくちょくコメ頂けると嬉しいです。

>次は3月ですかね
はい、うちとバーディ家はそうです(先生とスクールの一部の方は行かれるみたいですが)
ベルラちゃんもですか?
やはり、2月末に岐阜はありえないですよね~v-412
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。