プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無謀な妄想

  今日もグランド訓練の日。
ディーもサブも相変わらず。
進展があるような無いような・・・・なので訓練記事は割愛。

 訓練解散の後、昼からはお友達とランチの約束があるので、その前にニキのガス抜きをと思い、誰もいないので放牧。
リードを離し、「ゴー」と言うと、広いスポーツ公園の広場を暴走するニキ
 グルグル走り周り、私から150メートルくらい離れた処でピタリと制止するので、「カム」と呼ぶと声附一発で超特急で駆けてきて、私の右から周り脚側位置でピタリと座り私の顔を見上げる。
ディーよりも綺麗な位置、サブよりも早い反応。10点満点。

再び「ゴー」と言うと、駆けて行く。
「カム」で呼び寄せると、元気よく駆けてきて、ピタリと脚側停座。

何度やってもぶれない停座。

「アトへ」で歩きだすと、きれいな脚側で付いてくるし~~、なかなか良いんじゃないの。

ニキータ、伏臥も立止も一応出来る。
「この子でCDⅠくらい一度出てみようかな・・・」

いかん、いかん。馬鹿な妄想と大それた夢を抱いてはいけない。

第一ニキは一度も先生に就いたこともないし、私自身も力を入れて訓練していない。
訓練仲間からは、
「なんでニッちゃん訓練入れなかったん?脚側は上手やし、理解も飲み込みも早いからきっと良い線行ったと思うのに・・・」と言われる。

なんでかって?―――
ニキは幼少の頃は物凄い噛み犬だった。
家族だけでなく遊びに来た友人・知人、皆一様に噛まれて帰った。
だから、中途半端な知識の人間が生半可な気持ちで飼っていたら、絶対保健所送りになっただろう・・・と言われたほど。
「この血は絶対残したらあかん!」とまで言われた。

その頃のニキを知っている人は皆私を褒めてくれる。
「よくここまで普通の家庭犬にした」と。


だから、人を噛まなくなった事で、私の中ではオールクリア、万時OK、OKになって命を守るために呼びが効いて、『待て』が出来たらそれだけで無問題、となった。

そして「見て覚える」タイプのニキはディーを見て、色んな事を勝手に習得していった。
ついでに、ディーがしないような事も習得していった(それを人は「有難迷惑な技」と呼ぶ)

 
 ディーは7歳目前で競技会デビューをしました。
練習期間わずか2ヶ月。
そしていきなりCDⅡデビュー。

 だったらニキもいける?

いや、止めておこう。
ディーはレトリバー。何歳からでも新しい事を覚えようとする意識と、人間と何かをすること、役に立つことの使命感に喜びを覚えるレトリバー。

でも、ニキはアフガン。
己のためにだけ生き、自己の利益のみを考えるアフガン。
人間に奉仕するより人間に奉仕させる事を当たり前と思うアフガン・ハウンド。
ディーとは違う。

しかもアフガンは、
「今日やったからと言って、明日もやるとは限らない」信用してはいけない。
6歳半からの挑戦はあまりに無謀だ。

それにこんな目立つ犬で本番で脱走、大暴走された日にゃ、私、二度と競技会に行けなくなります。

前途あるサブの為にも妄想は妄想としてとどめておきましょう。


 ちなみに、ニキのお父さんも、お母さんも噛む気質はありません。
ニキは早い時期から親から離され、ショップにいた子です。
その間何があったのかは不明ですが、その頃の体験が噛む気質に結び付いたのだと思います。
遺伝的なものではなく、後天的なものです。
だから、ニキの先祖の血統の子の子も安心して迎えて下さいね
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。