プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競技会 サブリナ&おまけのあの方編

 ディーとの競技を気分よく終えた私、次はサブとのCDⅠ再挑戦。

先回の泉大津では「ただ紐に引っ張られているだけの脚側」と、ジャッジを不快にさせご立腹させたサブと私。

 でも、サブは変わった。
近頃の練習では、「見苦しくない程度やで」と、ディーとなら絶対に褒め言葉にはとれない、褒め言葉を先生から頂くまでになった。

 サブ、一部(CDⅠ アマの部)全13頭、ゼッケン2番。

ただ、こちらのジャッジは、6部(CDⅡ プロの部)も一緒に審査されています。
サブと私がリンクに行った時は、既に6部の方が何人か待機しておられました。
 
 この日は「ゼッケン順で」という事でしたので、後から来たとは言え、番号の若い私たちの方に優先権はあります。
しかし、私はその方たちに「どうぞお先に・・・・」と順番を譲る。

「何してるの?」というバーディままに、
「だってあちらさん方はCDⅡやで。勝負かかってるねんから、この待ち時間だってコンディション維持に影響してくるやん?お気楽な私が順番譲るのは当然やん」と、仏の心を見せると、
「これがディーちゃんやったら?」と、バーディまま。
「そんなもん、『待ちの人数見てアップして来てるねん。番号が若いって理由で平気な顔で割り込まれたらたまらんわ』って言うね」と、私。

「ただ、誰にも見られないタイミングでこそっと、サブちゃん出したいだけやろ?」と、核心を突くバーディまま。

 「どうぞ、どうぞ・・・・」と何人に順番を譲った事か・・・・
それでも逃げられない状況はついに来た。

さぁ、皆さんに勇気と希望を与えるお時間の到来です。
[高画質で再生]

訓練競技会

[広告] VPS

泉大津でジャッジをご立腹させた紐付き脚側とは雲泥の差。
紐なしも、往路やや遅れた部分もあるが、私がしっかりサブ様に服従し(何かが間違ってるだろ?私)サブ基準では悪くない。
問題は復路。
突然サブ、立ち止まり、一点を凝視。もうそこから目が離せない様子。
誘導的体附も使いまくるが、私に意識が向かない。
 
 反対のリンクで待機中の先生と、撮影サポートのBくんまま、
「サブ、ジャッジのことガン見してるで、何か気にくわん様子や。コワ~ッ」なる会話がなされていたらしい。
私たちの撮影サポートに付いていた、バーディままは、
「反対の一番奥のリンクでやってたフラットを兄ちゃんと間違えたんかな?」と後から言ったが、その時も、後から動画を見返してもサブが何に気を取られていたかは疑問。

 しかし、こうなったサブは質が悪い。
何かに気を取られながらでも、とぼとぼ歩きながら、チラチラ見ながらでも歩いてくれればいいが、サブは直立不動のままガン見。


 その後も気はそぞろ。
30㎝以上も離れた処に座り、それも一発で座らない。
相変わらず何かをガン見。

 『招呼』は早い。ただオーバーラン。
『伏臥』一応一声附だが、途中で伏せようか伏せまいかと躊躇したので誘導的な大きな体附を使う。
『立止』1度目のコマンドを聞いていない、相変わらず何かを凝視。
2度目のコマンドでは素早く立った。

 ジャッジの講評。
開口一番 「私のことが気になったのかしら?」ジャッジ先生もそう感じられましたか?
その後本当の講評 
「まず、脚側停座が安定してないからここはしっかり押さえましょう。一番落ち着いてきっちり作業しないといけない処だから・・・招呼と立止の反応は早いし作業自体は理解してるみたいだから、頑張ればこの子は良くなると思うわよ」

ダメダメなりにサブを評価して頂けた有難いお言葉。
これで来年からも頑張れますわ。

 結果サブの席次は7席。
サブ、よう頑張った!
母はあんたが何をしてもやっぱり可愛いぞ!

 結果は今一つでしたが、気分は上々。2ワンとも出陳終わり、心も軽く、
「さぁワンズにご飯でも食べさせましょうかね?ニッちゃんには『お待たせ~』だったね」と思いながら、車のバックドアを開ける。

一瞬、目の前がクラッ。
ラゲッジに置いていたボックスが開けられ、中のフードが食べられている。
おそらくニキータ。というかニキータ以外誰がこんなことする?
ディーもサブも座席に食べ物を置いておいても決して食べない。

荷物でいっぱいの狭いラゲッジに入り込み、あまつさえボックスの掛金外して中身を取り出すなんて芸当はニキにしかできない。

 実はこれよりも前にニキにはラゲッジに置いていたバッグのチャックを開けられ、中のディル・サブのテンションアップのために用意した匂いのきつ~いトリーツをやられていた。
車内は危ないが、ラゲッジは安心の神話が崩れつつある近頃。
なのでトノカバーを開き防御していたのに、そのトノカバーも綺麗に収納させていた。

 が、不幸中の幸いだったのは、先に美味しいトリーツを食べていたニキにとってはカリカリに魅力は感じなかったらしく、自分の分の一袋を食べただけで、残りの二つは無傷。

それとも、「兄ちゃんとサブちゃんにも残しておいてあげないと・・・」というニキの優しさか?・・・・・・・ありえないな。

 ニキータ、この女の凄技はどこまで進化するのか?

ニキが開けたボックスとはこれ(後日撮影)

CIMG5544.jpg


普通開けるか?こんなもん。

貴女も来年の春には7歳。いい加減落ち着いた普通の犬になって下さいよ。

やはり、ニキの前ではディーもサブもかすむな!!




 
 
スポンサーサイト
コメント

No title

残念やわ~日曜日は応援に行ってたのに会えなかったorz
サブリナさんの競技ライブで観たかったな~
2010年に向け弾みがついた競技で良かった♪
来年も美のウォーキングでギャラリーを楽しませてくださね。

No title

v-22ムートパパさん

>サブリナさんの競技ライブで観たかったな~

なんですか?ムートパパさんも、勇気と希望を持ちたかった?

>来年も美のウォーキングでギャラリーを楽しませてくださね。

年明けの泉大津で、CDⅡデビューです。
幼稚園のお遊戯会のような私たち親子の競技ですが、頑張ります。

ムートペアは充電期間は終了、泉大津は参戦ですか?
お会いできるの楽しみにしてます。
ムートくん&パパさんペアには今更そんなもの必要ないでしょう?
あっ、1席目指す緊張の中で「プッ」と笑える、緊張をほぐす瞬間が欲しいですか?(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。