プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

in松本 主役はやはりあたしで決まり!編

 出発のギリギリまで心配されたお天気でしたが、日曜の松本はきれいに晴れました。

雨ならワンズは一日車の中で待機の予定でしたが、晴れたし、この日は私一人じゃない、お世話係りのマイコーもいる。
と、いうことで、マイコーが張ったテントでサブはケージで待機。
ニキは、ニキのために先日買ったコールマン(アウトドア派なら誰もが知るブランド)の椅子で寝かせていたが、閉鎖的なテントの中がお気に召さなかったらしく、
「あたしお外がいい」と、申しますので、テントの前に椅子を出し、リードを椅子にくくっておりました。

 椅子さえあればそこで大人しく寝ている子・・・・と、油断し、私とマイコーの気が一瞬それた時にそれは起こった。

 ニキータ、突然椅子から飛び降り、閉じた椅子をガラガラ引きづりながら駈け出した。

その先には黒いトイプーちゃん。

リードの先に椅子を付けたまま、トイプーちゃんに襲いかかるニキータ・・・・・・・・・

いや、トイプーちゃんと戯れるニキ。

トイプーちゃん、悲鳴はあげてなかった。怖がっている様子はなかった・・・・と、思う。そう思いたい。
慌てて追いかけ、平身低頭・・・したつもり。
で、飼い主さんに謝る。
その時の私の焦りわかります?

ランでもあってはいけないことなのに、ここは競技会場、犬の賢さ、服従度を審査される場所で余所様のワンコに襲いかかる我が犬・・・・(いや、襲ってないって)

しかも、競技に参加する子を襲った・・・(だから、襲ってはないって)
もし私が逆の立場なら、この後の競技への影響を考えると怒り心頭。

罵声を浴びるのは承知の上だが、相手の方の顔を見れないよ~~。

 と、相手の方の口から意外な言葉が飛び出した。

「ニキータさまですよね?」

へっ?―――おそらくその瞬間の私、とてもマヌケな顔をしていたと思います。
「はい。そうですが」と、応えると、
「キャ~ッやっぱり。ブログ読み逃げさせてもらってて、ファンです。お会いできて感激です」

「はっ、そうなんですか。ありがとうございます」・・・・顔がマヌケなら返答もマヌケな私。
だって土下座して謝ってもすまされないかもしれない状況で、喜ばれて、感激までして頂いた――複雑な心境の私を尻目に、トイプーちゃんと嬉しげに戯れるニキ。

「また後でご挨拶に来させて頂きますね」と、慈愛に満ちた微笑みを残し、その美しい方は去っていかれた。
私にはその後ろ姿が聖母マリアさまのように見えた。
その方の名は、コマ姉さん、そして愛犬のコマルちゃん。

 「おまえはなぁ~貴重な読者様を襲ってんじゃないよ」と言いながら、椅子を引きづったまま満足げなニキを撤収。
訓練仲間のKままから、「恥ずかしい奴」と嘲笑を浴びた。

 【その後、某ミクシィの方において、コマ姉さんからは、
「一番の出番でテンション下がりっぱなしの処にニキ様が女神のように舞い降りて下さり、楽しい気分で競技が出来ました」とさらに優しいお言葉を頂く。
あ~っ、本当に相手が聖母マリアのような方で良かった。】


 「あら、あたしは読者の方にご挨拶に行っただけよ。ファンを大事にするのは女優として当然。サインもして差し上げれば良かったかしら」 by ニキータ


 こんなことがあってニキは車の中に。
私とディーの競技が終わるまでニキの行動に気をまわしている余裕はない。

私たちの出番が終わり、ワンズにご飯を食べさせようと思いバックドアを開けると、そこには信じられないような光景が広がっていた。
昼食用に買った二人分のお弁当が食いつくされていた。
いや、幕の内のご飯部分だけはきれいに手つかずで残っていた。
そぼろご飯のそぼろは食いつくされていたが・・・・

「かわいそうだから下々の者に、ご飯だけは残しておいてあげたわ」・・・ニキータさまの有難いお恵みか?

って、バカヤロ~~~~~!!

しかし、マイコーの車の後部座席とラゲッジの間にはネットが掛っている。
そのネットは左右にそれぞれ15㎝ほどの隙間はあるものの、その間を抜けたのか?この女は・・・・周りの意見。
「無理やろ。どうやって抜けたん?」

 後日ニキの頭頂部を計ると12㎝でした。でも肩の部分は20㎝ほどありました。
この娘、肩の関節を外せるらしい。
「おまえは上海雑技団か~~!?」

「まぁ後おにぎり2個残ってるし、一個づつ食べたらいいやん。トン汁もあるし。それにドーナツもいっぱいあるから・・・」と、マイコー。

ちょっと待て。
その2個のおにぎりは、私が朝喉を通らず食べなかったぶんだ。
あんたは自分のノルマとっくに平らげただろ!?
それにドーナツはバーディままが買って来てくれてた物だ。

 昼食時、優しいバーディままが「カップめんならあるからどうぞ」と、言ってくれてなんとか一心地つきました。ありがとう。


 午前中早い時間に競技を終えた私は余裕・・・そう、結果は例え惨憺たるものでも。
ニキを連れ会場内を闊歩していると、9月の競技会以来私の注目する、スーパー・ミニ・シュナのムートくんのパパさんに出会う。
ムートパパもニキの事は見知っていてくれたらしく、「かっこええな~」と、言いながら写真を沢山撮って下さった。

ここでニキータ、新地のお姉ちゃんモード全開。
ムートパパにベタ~ッと甘えて行き、スリスリ。
(注:アフガンハウンドは孤高の貴公子(貴婦人)と言われ、他人様にそう甘えて行く犬ではない。超然とした威厳ある態度が魅力・・・・と、言われている)

うちの娘にアフガンとしてのプライドは、皆無。

と、ムートパパ、ご自分が持っていた凄いカメラを私に渡し、
「ニキータちゃんと一緒の所、お願いします」
はい、はいと私。
ムートパパ、私の写真はいらないらしい―――そりゃそうだろう。


 こんな風にニキは、その実力を100%遺憾なく発揮した一日でした。

が~~これだけで終わらないのがニキータ。
その真の力は翌日も200%発揮されることになる―――

 「やっぱりブログの女王はあたし。主役はあたしなのよ~~」 by ニキータ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。