プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の訓練

 今日もグランド訓練。

相変わらず、ハイパー・フラットのディルフィーくん。
いったい、何がそんなに楽しいのか?嬉しいのか?上機嫌。

 今日のディルフィーは、ラインをよく見てます。
D:「コーナーはスムーズによどみなく、周るんや。オーバーランしてもショートカットしてもあかんで~。ほ~らラインどおりやで~」
ちょっと待てディー。私は歩幅が合わなかった、半歩踏み出しすぎたってば・・・・

D:「オ~ッ乗ってきたで~。このままスタートまで一気に行くで~。スタートラインは、クルリと華麗にターンするんや」
ディー、ラインを見て素早い反転を見せる。
だから、待てと言うとろうが、今までそんなターンしたことないやろが?

D:「スタートラインに戻ったら、素早く座る・・っと」
だから、あかんってば。
全ての作業は指導手である母さんのコマンドがあってからや。
慌てて「座れ」のコマンドをかぶせる私。

 今日のディー、ラインを見て、勝手に自分で作業を進めて行く。
しかも、楽しそうに、満面の笑顔で――

ディルフィー~~~~、ラインではなく母さんを見ろ。
ラインではなく母さんの動きに合わせろ。

 今ひとつ呼吸の合わない練習に、不満を漏らす私に、先生は、
「見ててそんなに違和感はなかったで」と。

今までのんびり、まったりフラットとの作業に慣れていた私、最近のディーに付いていけない。
そんな私にBままが、
「大丈夫。ディーちゃんに任せて母さんがしっかり付いていけば素晴らしい内容よ」と。

 そうか、犬の服従訓練ではなく、私が服従するのか!?

じゃぁ、申告の時も、
「○番 O(私の名前) 指導手ディルフィー」ってなるのか?



 そんなディーとは対照的に、最近「見苦しくはなくなってきた」と先生から言われるようにはなったが、相変わらず牛歩戦術のサブとの練習。

 競技は「脚側停座に始まり、脚側停座に終わる」と言われます。

一連の作業を終え「座れ」とコマンドを掛けると、2秒・3秒とジーッと突っ立ったままのサブ。
「お尻を指で押してもいいから座らせて」の先生の言葉を無視し(なんと不遜な態度の生徒)
私もジッと待つ。
4秒・5秒・・・おもむろにゆっくりと腰を落とすサブ。
脚側停座の位置につき、私の顔を見上げる。

「どうよ?」という風に先生の方を見ると、
「まぁ、いいけどさ~」みたいな表情の先生。
どんなに遅い作業であろうと一声附は一声附やんかさ~~
一声附と二声附では減点は雲泥の差。
ただ、サブはスタンプー、ジャッジがどこまで容認してくれるかは、はなはだ疑問(アフガンやブルドッグなら充分認められるはず)

 伏臥からの「座れ」のコマンドをまたまた無視のサブ。
でも、私はジッと待つ。4秒・5秒・・・・もはや先生も、もう何も言わない。
と、いきなり弾かれたような素早い動作で座るサブ。
「え?今何があったの?・・・・先生何かしました?」の私の問いに「いいや」と、先生。
「じゃあ、今のは何?」と聞き返すと、
「耳から(コマンドが)入って、ジワ~~~ッと(頭に)届いて『今来た!』・・・やないですか?」
と、先生。

先生、いくら馬鹿な私でもこれはわかる。
決して褒められているのではない。私ら親子完全に馬鹿にされてる、と・・・・

 最後は“休止”(3分間の伏せ待て)
得意だったはずの“休止”なのに、最近全然できなくなっているサブ。
今日も開始数秒で立ち上がった。

「何してるの?あかんやろ~」といつになく大きな声で一喝すると、ストンと伏せるサブ。
綺麗に伏せたのに、なおかつ姿勢を正し、首を持ち上げよそ見もせず完璧な伏臥ポーズをとり続ける。

 これには先生も感心。
「サブも自分が悪いのわかるから、ちゃんと自分から治した。今までではありえへんよな」

そう、それまでのサブは、私が少しでも怒りのオーラを出すと、それ以上作業を続けなくなっていた。
委縮するのではなく、「そっちがその気なら、あたしはこれ以上もう何もしてあげない」と、ご立腹なさるのだ。
オーラだけでそれだから、こんな風に怒鳴りつけるなんてとんでもないこと・・・・・

あ~~っ叱れる練習ってなんて楽なのかしら。

 そして、この後「出た~!名言」とバーディままを手拍子して大笑いさせた『Y(先生)語録』が飛び出した。


 「サブもやっと『反省する』っていうことを覚えたか!?」


 私、こんな超個性的な犬、2つも抱えて日夜頑張ってますねん。
この先、どうなるんだろう?
先行き不安。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。