プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素直で正直

 トリバーの男の子のディー(おっさんって言うなよ)は、素直です。
いつも一途にひたむきにその愛情を私に向けてくれる(時にはその愛が重く、ウザい事もあるが)

それが女の子となると少し違う気がする。
例えワンコといえど、やはり女の子は、女の嫌らしさみたいなものが見え隠れする気がする。
甘えていながらその裏に駆け引きがあるような気がする。

で、うちの娘たちは?というと・・・・・
素直で正直ですよ。
 ある日の河原のランでのこと。
いつもの様にABちゃんに餌付けされていたニキ。
その日のおやつは、ワンコは皆大好き、うまうまジャーキー。
ABちゃんの傍を離れず付きまとっていたニキだが、暫くして見ると、ABちゃんとニキが何か揉めてる?
いや、ABちゃんがニキに何か言い聞かせている様子。

「ニキが何かした?」と、聞くと。

「ジャーキーがもう無くなったから、ビスケットあげたらニッちゃんが『チッ』って言うから、もう(ジャーキー)無いから、それ食べて、って言っててん」と・・・・・

ニキータ、他人様から見てもわかるくらい、あからさまに「チッ」っていう顔をする事がある。

「ビスケットなんか食べれないわよ。ジャーキー出しなさいよ~」 by ニキータ



 また別の日のラン。
ボーダーのポカラ(8歳)、アイリッシュセターのウッディくん(8歳)、ボロニーズのココちゃん(3歳)スタンプーのブラン(3才)と遊んでいた。

アイリッシュらしく(笑)一人大暴走を繰り広げ、喉が渇いたウッちゃん、ブラン家の水をがぶ飲み。

それを見た、うっちゃんはは、
「キャ~~ウッちゃん、人様んちのお水を・・・・」と、

水ごときでガタガタ言う人もいないので、当然ブランままは、
「ええよ、ええよ飲んでよ~」

「違うんよ~、ウッちゃんが飲んだ後は水入れの中おヨダでベタベタで臭くてココも飲まないのよ~」と、うっちゃんはは。
「ハハハハハ・・・大丈夫。うっとこはそんなん全然気にしないから」と、ブランまま。

 そこへやって来たのがサブちん。
ウッちゃんが飲んだ後の水入れを覗いた途端、
「フン!ゲッ!!」
鼻に皺がよるほど顔をしかめ、物凄い嫌悪感をあらわに・・・・
そして、自分の水入れの元に行き、一気に水を飲みほし、満足げな顔。

サブ~~、その態度は余りに露骨すぎます。

 しかも、サブが顔をしかめるほどの拒否感を示したお水を、その後ポカラは平気で飲んだ。
「ポカラちゃんは同じ加齢臭同志で平気なのね」と、うっちゃんはは。

若い娘は平気でおじさん族を傷つけるよね。


 このように、うちの娘たちは正直で素直です。
ただし、あくまでも自分の気持ちにです。

そこに他者への気遣いや配慮というものは、無い。

 しかし、最近スタンプーのサブがアフガンのニキータに似てきた感じがするのは何故?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。