プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉大津訓練競技会

 とうとうやって来ました訓練競技会。

今大会の目標!
ディルフィー、目指すは表彰台。
サブ、ビリっけつでないこと。
で、臨んだ大会。

今日も風の強い一日でした、思ったより暑くもありました。
風があるので陽が陰れば涼しいのですが、太陽が照りつけるとやはり暑い。
朝の早い、曇りの合間に出陳しようと思っても、順番待ちの間にカッと陽が照りつけてきたりでこの日もなかなか黒子8歳のディーには厳しい状況。

バーディままに動画を、Bくんままにデジ一で写真をお願いして、いざ出陣。
 














 紐付き脚側は、ここのところの練習でのハイテンションは見られないものの、まぁまぁ。
が、紐なしになったら離れる。
「おいディルフィー、後30㎝母さんの横にこんかい」
複路の速歩の最初のコーナーでは大きくショートカット。
「おいディルフィー、どこ行くねん!?」

終わった!もう終わった!こんな脚側でリボンが貰えるほど競技会は甘くない。
でも、気持ちを立て直し残りの競技に臨み、なんとかノーミスで終えることができました。

競技終了後のジャッジの講評。
「後半はとてもよかったです。問題はありません。
それだけに紐なし脚側で、離れたのがとても惜しかったです」

先生も「カードは出るやろ。でも、リボンは・・・・なぁ?」と気の毒そうな表情。
そんなのわかってるよ~~~んだ(涙)

でも、ディーは超ご機嫌。ニコニコ笑顔。
彼がこんなにご機嫌な様子で競技を終えたのは久しぶりです。
自分でもミスがなかったのがわかるのか?
いや、あの脚側は大きなミスです。
それに最近の彼は「伏せ」で元気に立ち上がっても自信満々の笑顔なので、あてにはならない。
でも、自信喪失でドヨヨン空気で終わられると、その精神的ダメージから立ちなおさせるの時間がかかる奴だから、機嫌が良いのは、ヨシとしよう。


 サイトに戻ってから事件発覚。
デジ一に、FCカードが入っていない!オ~マイガ~ガ~~ガ~ガ~(エコー)
という訳でディーの雄姿の写真が1枚もない。
マイコー曰く「やっぱり、ザルや!」(ダダ漏れ~~)

 次は問題のサブですよ。CDⅠデビユー戦。
動画見る?見たい?
[高画質で再生]

訓練競技会

[広告] VPS

[高画質で再生]

競技会裏話

[広告] VPS
 

 

相変わらずついてこない脚側。
でも、止まらないだけマシだ。

私にはとても長く感じた3分半でした。

ジャッジの講評。
私の気のせいかジャッジ先生様、なんだかとても不機嫌?怒ってる?

「脚側がまるでなってないよね。紐付きなんてただ引っ張られて歩いているだけだし」
ヒェ~~ッ、気のせいじゃなかったとてもご立腹。

 さらに続くお言葉。生粋の関西人である私には、関東弁がとてもきつく感じる。
「どんな練習の仕方してるか知らないけど、おやつとか使ってる?」
「はい、使ってます。ただ、1m歩いておやつがもらえないとわかるとそこで止まるんです」
の、私の言葉にイラっとしたように益々表情が厳しくなり、
「そういう時は、カンカンって2・3度ショックを入れるんだよ」
小市民の私は小さくなって、
「はい、そうすると今度は固まって1歩も動かなくなるんです」
ここでジャッジ先生様、少し表情が緩み、舌をペロッと出し、
「大変なんだ?」
「はい。とても大変なんです。苦労してるんです」

私、すがるような眼でジャッジを見上げ、「何か秘策は?」と、心の声。

「そうなんだ!?・・・・まぁ地道に頑張って」
それだけかよ~~~。審査員長先生様にも秘策はないのかよ~~~。

ただ、初めはとてもご立腹で、怖かったジャッジも最後は私を憐れむような目で気の毒そうに見つめてくれた。

「同情するなら秘策をくれ~~!!」


でも、サブちんは頑張った。
後で動画を見ると、尻尾は終始あがっていたし、私が褒めると嬉しそうに飛びついて来た。
これだけでも大きな収穫。
サブには悪いがこれからも私の我儘にもう少し付き合ってもらうことにする。
それに決して反応は悪い子じゃないのよ。
地道に、地道に頑張ります(それしか方法もないらしいので・・・)

それに結果は当初の目標、ビリっけつでもなかったし―――

14_detail.jpg

15_detail.jpg

時折ですが、こんな良い表情も見せてくれました
(カメラ・バーディまま所有。撮影・Bくんまま)

 17_detail.jpg
   
まぁ、こんなのは御愛嬌ってことで・・・必死で呼び込む私。視附、体附なんでも有り。
(同上)





 さて、問題のディルフィーくん。
この日はとても進行が早く、結果発表も早い。
午前中には競技の終了したリンクも見られたくらい。

ディーの二部B斑も残すは後3頭で、ディーは暫定3位。
驚きですね~。ノーミスとはいえあの脚側で3位。
確かに、この日は強風の影響か、競技は荒れていた。
あちこちで、2声附、3声附が見られ、5声附でもやらずにその課目丸丸諦めた子も見られた。
その中で全て1声附でやり終えたディーの頑張り故?

 うちのスクールも先生もオナハンも午前中で全て出陳終わり、結果も出ている。
後はディーの結果待ち。残りの子の結果次第。

 午後の部が始まり、ライバルの競技を見に行くことに。
「ニキータをリンクサイドに連れて行って、ライバルを脅すか?」という意見が。

 ニキータが河原のランの堤防に立つだけでラン内のワン達に緊張が走る。
「あっ、ニキータ様がいらしたわ」と、それまで楽しげに走っていた子達がピタッと止まる。
ニキは決して威嚇したり喧嘩を売ったりするわけではない、ジロっジロっと目線を送るだけで皆かしこまる。
そんな威圧感のオーラのある女がニキータである。

そのオーラでライバルに精神的苦痛を与える作戦―――

いえ、いえ、ここは正々堂々と勝負、ニキにはサイトでマイコーとお留守番頂く。

 


 神様はディーと私に味方してくれた。
それともニキのオーラがサイトからでも伝わったのか?ディーの結果は変わらず3位決定。

「もし、表彰台のれたらまた俺が行こか?」と言っていたマイコー。
冗談かと思っていた。

決定戦が終わり、表彰式のアナウンスがかかる頃には、椅子で寝ていたマイコー。
「表彰式始まるよ」と、小さく声をかけたら、
「あっ、そうか」とディーを連れサッサと表彰式に・・・・もちろんテーブルの上のリボンも忘れず持って行った。

おい、おい、ニキとサブはどうするねん?
慌てて、ニキ・サブを車に戻し、カメラを持ってマイコーを追いかける。

CIMG5272.jpg

かなり、ラッキー感のある表彰台です。
Ⅱ部B斑。
1席ーM・シュナ 98点
2席ードーベルマン 97・3点
3席ーディルフィー 97・2点

  CIMG5282.jpg


審査が厳しかったのか?皆調子が悪かったのか?かなり低い点数です。
でも、この2席のドーベルさんは、理事長賞にも輝いたことのある子らしいから、やはりディルフィーくん大健闘です。

アマの部の決定戦(それぞれの班の1席が、アマのその日の最高を競う)は、このM・シュナちゃんと、A班のフラットと、C班もフラット(なんと姉妹。こちらはお母さんフラットも理事長賞常連。やはり訓練は『血』か?)


そして、この日のプロの部の最高峰は、お隣の市のD先生のお弟子さんA先生の引いたマルチーズちゃんでした。

しかも凄いトロフィーですよ。
理事長賞常連の、D先生やA先生もあまりお目にかかった事のないような代物とか?

こんなものうちには一生縁のない代物・・・・・なので記念にパチリ。

CIMG5279.jpg

 ディーやサブでは自分があまりに惨めなので(なんせ他人様の商品ですから)
我が家代表でニキがパチリ。

良い冥土の土産が出来たよ!

 自分が思う以上の高評価、初めて受けた厳しい言葉の後の憐み・・・
色々ありましたが、この日も楽しい一日でした。

余談や出会い編もありますがそれはまた後ほど。


とりあえず、目標は達成できて満足なニキ家です。
今後も精進いたしますので変わらぬ応援、励ましお願い致します。












スポンサーサイト
コメント

おめでとう~

暑い中3席入賞おめでとう
しかーーし こちらに来てすごいショック!
トロフィすごいね・・・v-10
私も見た事ない代物ざますぅぅぅv-406
って こんなに欲深いからあかんのよね・・
我が家には我が家の目標があるのに・・・ 爆

それから関東の怖い審査員
めちゃ大当たりやん・・・私も一度は審査して欲しい大御所様やわ~泣く子も黙るA審査員じゃなかった?羨ましいぞーーーで 秘策をねぇぇ・・・ほんまやね(^^) それからお立ち台はパパさんなのね
もうニキの母さん こんなに男性的?ってひきましたでーーー 

No title

v-22さらださん

ありがとうごぜぇ~ますだ!
さらだ家にとったら3席なんかクソみたいなもんでしょうが(あっ、ついお下品な言葉が)
最近のディーのうかれた頭の恐怖の中、きせきでおじゃります~~。

で、やはりこのトロフィーはさらださんさえ見たことないような代物ですか?
行けば良かったと後悔でしょ?
Hさんちのフラットと頂上決戦・・・・見たかったな~。

それとサブのジャッジは仰る通りA先生様でございます。
それはそれは怖~ございました。
まぁ最後は同情して頂きましたが・・・・
そして秘策は・・・・「無い」らしい。

まぁ、うちの先生にも「そんなもんあったら、遠の昔にやってる!」と、毎日言われてますから・・・・
「最近先生は自分がサブを引かなくて良いものだから何もコメントくれない」ってぼやくと、
「やってる事は間違ってないもん」と言われます。

どうか私に秘策を、斬新な練習方法をご教授下さい、さらだ大明神様~~!

そうです、表彰台は主人のHN・マイコーです。
私は、最近体重増加に悩む、身長156㎝の小女です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。