プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディルフィーくん、絶好調・・・・!?

 今日もグランド訓練です。小雨降る中行ってまいりました。

今日は趣向を変えてサブちんからレッスン。

いつものようにグランドにはルンルンで入って行くサブ。
ウォーミングアップ中は動きも悪くない。
先生が、「僕はここで見てるから、そのままのテンションでスタートに着いて、本番のつもりでやって下さい」と。

先週の金曜の練習では、紐なし脚側になった途端、途中から微動だにしなくなり、先生に追い立てられ、恐怖を味わったサブ(これの前の日記参照)
「母さんについていないと怖い事がある」と思わせるか?恐怖のあまり逃げ出すか?『もろ刃の剣』的なこの作戦が功を奏したのか、金曜夕方の自主練では今までで一番良い動きをしたサブ。
このことを予めバーディままに報告してありました。
「先生の作戦が良かったみたいで、自主練ではサブちゃん良かったらしいですよ」と、バーディままが先生に言うと、

「そうですか。金曜に(大会前最終練習日)もう一丁やっとくかな?」と、先生。
「あかん先生。金曜は止めて!」と、バーディまま。

 私とサブが練習中、この様な会話がなされていたらしい。

うちの先生、若いに似あわず忍耐強く、駄目駄目生徒な親子に真摯に向き合ってくれる立派な方です。
セオリーの通じないサブにもあの手、この手と考えてくれます。

ただそれが・・・・・・・経験と勘に培われた深い考察と思慮の上のことか、行き当たりばったりの出たとこ勝負の思いつきか・・・・疑問に思う事が時々ある。

バーディまま~~先生の暴挙を止めてくれてありがとう。

先生の気持は大変ありがたいが、本番前々日に、『諸刃の剣』は、怖いです。


 次はディルフィーくん。
後回しにされた故か、やる気は満々。
いや、最近の彼はやる気だけはある。
が、やる気と、実際にやるかは別問題。

私の気合いの入った「伏~せっ」のコマンドに―――
素早く、すっくと立ち上がるディー。
私の顔を見上げニコニコ満面の笑顔。
「母さん、どうや?オデ、凄いやろ?」

あ~凄いよ!どうやったら「伏せ」が「立って」に聞こえるのかと思うと、あんたのその思考回路に感心するよ。軽い頭に感嘆するよ。
しかもその自信満々の態度には人事不省に陥りそうだよ。

「もう一度」の先生の言葉に。
「伏~せっ!」
ディルフィーくん、シャッキーン、ビシッ、素早い反応。

ただ、その4本の脚はしっかり大地を踏みしめ立っている。
そして、相変わらずの自信満々の笑顔。
「なぁ?何回やってもオデは凄いやろ?天才ちゃうかな~~」

 誰か、助けて~~~~~~~~~~!!


まぁ、最後は『伏せ』は元気に立ち上がる事ではなく、地面にお腹をピッタリ付けて低い姿勢になる事とご理解頂けたようですが・・・・
明日もこれを覚えているかは、今の軽い、軽すぎるディーの頭では疑問。

 こんな犬相手に、「目指すは表彰台」などと、厚顔無恥な不遜な発言をした私をどうかお許し下さい。

そして、そんな母の懺悔や悔恨も意に介さず、今日の訓練終了後も超ご機嫌で、その顔は達成感に充ち溢れていたディー。気分上々、絶好調!!
ただし、本犬のみの自己満足。

周りは誰も認めていない!!



 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。