プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物品持来

 物品持来――といっても訓練の話ではありません。

ディルフィーはいくつも物の名前を理解し、指示した物を持って来てくれる。
その中の一つに「スリッパ」というものがある。
これは私にとってはかなり重要な名詞。

 室内ではスリッパを必需品としている私だが、必需品の割には何処にでも脱ぎ棄てる、その時にディーに「スリッパ、テイク」というと探して持ってきてくれる。
まぁ、たいがいはダイニングテーブルの椅子の下にある場合が多い。




 


足の血行の悪い私は、椅子に暫く座っていると、足が痺れてくる。
で、立て膝をついていることが往々にしてあります(今現在も無意識のうちに立て膝です)
その上足癖まで悪いものだから脱いだスリッパをどんどん奥に押し込んでしまっています。

背面をピッタリ壁に付けたベンチシートなので、こうなるとテーブルの下に潜ってスリッパを取らなければいけません。
そこでディルフィーくんの出番です。
「スリッパ、テイク」で素早く回収して来てくれます。

 しかし、いつまでこうやってディーに頼れるか?そろそろ後継者を育てねばならない。
そこで、サブに「スリッパ、テイク」と、言ってみる。

サブちゃん、ニッコリ笑って、後ろ足で立ち上がり・・・・・・・・・
前足で私をバシバシ叩き、顔をベロベロ。

サブ、意味のわからない事を言われるとよくこのような行動をとる。
「サブちゃん、君には難しかったみたいだね」

ここで後継者育成をあっさり諦める。
サブ、君はそこにいるだけでいい、可愛いだけで許す、何も望むまい。

[高画質で再生]

お役立ちグッズ

[広告] VPS 
 ディーはこの通り、お役立ちグッズである。

この技を受け継ぐものは、残念ながら我が家にはいない。



 そんなディーの普段の労をねぎらい、昨日はルークくんとカフェに行って来ました。
CIMG5218.jpg

終始ご機嫌で、子犬のような笑顔でした。

ルークくんも退屈を持て余していたようで楽しそうにしてくれてました。
 
 CIMG5221.jpg




 帰宅後、「あっ、兄ちゃんからルーク臭がする」とニキータのきびしいチェックを受けていたディーでした。




 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。