プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日も河原は 事件ですよ~~

先週の金曜から涼しい日が続きます。
扇風機が一度も稼働しておりません(クーラーは、今年に入ってからも、ワンズが長時間のお留守番となった時、2度ほど使用したのみ)

金曜の夜などは寒いくらいで窓を閉めて寝たほどです。

って、言ったら、うっちゃんははが「えっ?」

悪かったな。山は下界より涼しいんだよ!

 そんな良い気候の時期は、やはり河原のラン。
昨日も夕方から3ワン連れて出動(お写真はない。例の如くカメラ忘れたから)

我が家到着時のメンバーは、御馴染マロンちゃん、チョコたん。ウッディくん、ココちゃん。
初めまして(かな?)のチョコラブの男の子、ダイちゃん。

チョコだし、男の子だし、「大丈夫かな?」と思って放した途端、ニキータ、ダイちゃんに喧嘩売りに行った~~。
とっても大人しいダイちゃんは、ビビリモード、反撃なんて少しも考えに無い。
そんな子にまで先手必勝の攻撃をかけるニキ・・・
黒ラブの女子だけが嫌いと思っていたら、もう、茶色も男子も関係なしかよ~~。
ラブは皆、お前の敵か?

ニキのこのラブ嫌い、なんとかならないものか?
小さい子なら、飛びつかれても、吠えられても、毛を踏まれても我慢しているのに、ラブは見ただけでこれかよ?

ニキのラブ嫌いの原因は・・・・
大好きなルークがラブの女の子が大好きだから(特に黒ラブちゃんが大好き)
ラブの女子を見つけると、必ずモーションかける。Loveモード全開。
そんなルークをニキはいつも嫉妬の炎メラメラで見つめる。

「頼むルーク。ニキをこれ以上ラブ嫌いにさせないで(平和なランライフのために)
もうニキータで手を打っておくれ。『悪女の深情け』と諦め、他の女とは手を切ってくれ」
 
love.jpg

ほ~ら、君に寄り添うニキはこんなに幸せそうだ(ある冬の日のルークとニキータ)


 そしてこの日のメンバーで忘れてならないのが、アメリカン・ピットブルのリンちゃん。
リンちゃん、いかつい顔(あら、年頃の乙女に失礼)に似合わず、人懐っこくてと~っても可愛い。
動きは意外と機敏で、遊び上手。時折テンションが高くなって相手に引かれることもあるが、
「止め」で、ちゃんと止められるお利口さん。

しかし、世間のピットブルのイメージは・・・・
私たちも、「最近河原のランにピットブルが現れるらしい」の情報を得た時は、
「怖いな~。その子の姿見えたら即、撤収しような」だった。

これからもリンちゃんは、こんな言われない偏見を浴びながら生きていかねばならないんだろうな?
実際のリンちゃんは、あんなに可愛いのに(あぁ~~写真がないげっそり)皆のアイドルなのに。

 そんなリンちゃんの今日のお気に入りはディー。
いや、ディーの持ってるボール。
そのボールをディーと引っ張りあいっこしたい、。奪って逃げて、それを追いかけて欲しい。
だが、ディーはそんなことはしたくない。
一人でハグハグ噛んで遊ぶか、人間に投げて欲しい。
「リンちゃん、邪魔」 by ディルフィー

必死でボールを死守するディー。そのボールをしつこく狙うリンちゃん。
事件は何度目かの攻防戦の時に起きた。
行き成り、ガウガウになった両者。
慌てて引き離す私。

すぐ収拾はついたが、見るとリンちゃんのこめかみ(って、犬でも言うのか?)辺りにうっすら血が滲んでいる?
「え~っ?ディーの牙が当たった?」
今まで、他所の子相手に、怪我をさせた事もさせられた事も無いのが我が家の唯一の自慢だったのに・・・
ディーが他所の子に怪我をさせてしまった(しかもディーは無傷)傷は大したことはないといえかなりショックな私。

が、リンちゃんの傷をよく見ると、牙の傷にしては薄く、細く、長い。????

この傷は、ディーのせいじゃない!じゃあ誰?犯人は―――
私だ~~~~~!

私のゲルマニウムブレスの金具が、仲裁に入った時リンちゃんを傷つけた。
「ごめんなさい」と何度も詫びる私に、
「リンがしつこいのが悪いんやから。それに、この子は『傷があってなんぼ』のピットブルやから~ハハハハ」と、天然なお応えのリンちゃん父さん。

いや~、それはちょっと違うと思うぞ。

他所様のお嬢を傷ものにして凹む私の耳元で、うっちゃんははが、
「闘犬に傷をつける女、ニキはは・・・・闘犬より強し!ウシシッシ・・・・」って。




 ランにアクセサリーは危険だね。
でも、私のこのブレスはアクセサリーじゃないし。
このブレスと首のマグネループは私の必需品。

でも、これからは充分注意しよう・・・・


って、お前らが喧嘩さえしなけりゃ済む問題なんや。
頼むぜ、ディル・ニキ・・・・ついでサブちゃんもね。
今日のサブちゃん、君のジャックラッセルのマックくんへの追いかけは、ちと過激でしたぜ。

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。