プロフィール

ニキのはは

Author:ニキのはは
ディルフィー*フラット・C・レトリバー 2001・1・19生
ニキータ  *アフガン・ハウンド    2003・4・5生
サブリナ  *スタンダード・プードル 2006・2・12生

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランド訓練 ショック・ショック

 昨日は、FCIから帰ってからの初練習。


「先生、ディーの競技見てくれてたんですよね?あれ、3声附以外は減点ないような内容でした?」と、聞くと笑いながら、
「いや」と一言。相変わらず正直者の先生です。

普通3声附は5点の減点と言われています。
つまり、3声附やってしまうと、後は0・1減点のミスもできない(ポイントカードは95点以上で出ます)
でも、4点くらいしか引かないジャッジも多く、実際3声附があってもカードの出ている例は沢山聞きます。

ディーの場合も4点の減点で留めて頂けたとしたら、後、0・6しか引かれてないから自由科目の『据座』と『休止』『遠隔の伏臥』は30点満点でしたので、残りの6課目は、0・1づつほどの減点?

先生と二人、顔を見合わせ「う~ん、ありえへん」

やはり、“疑惑のカードゲット”です(笑)

 今の反省点は、3声附もそうですが、それ以上に、だれた脚側。
ディルフィーのやる気の無さ。
「今週はちょっと僕がやります」と、先生。

リードを付け、少しでも出遅れるとガンガンショックを入れる。
着いてきたら褒める。
このタイミングがやはり絶妙。


 今日もグランド練習。
私はここ数年ショックを入れるような練習をしていません。
ディーはもうショックを必要とするような動きはしていなかったし、サブは絶対ショックを入れられないような子だったので・・・・

初心に返り、勉強のために動画を撮らせてもらいました。

先生との練習スタート。

 
私もショックから遠ざかっていたが、それはディーも同じこと。
先日先生から、5年ぶりくらいにショックを入れられたディーの動きがおかしい。
おどおどと腰が引け、尻尾は下がり、それでも「ちゃんとせな怒られる」という気はあるから、焦りでコマンドもないのに伏せようとする仕草。

見ていたBくんママが、「ディーちゃん、どうしちゃったん?」と、心配するほど挙動不審。
バーディままが、「水曜に先生にショック入れられたからよ。でも大丈夫。ディーくんはすぐ良くなるから見ててごらん」

二度目のトライ。


別犬になりました。
尻尾も元気に揺れています。とても集中しています。

こういう動きを見せられると、「ディルフィーはまだまだ行ける」と思わされます。
ようはやる気が無いだけ。
ディーのやる気が出るようにしてやれないハンドラーが一番悪い。

つまり、全部私が悪いんだよ~~!!

 来週からは、この動きが導き出せるように私の練習です。
どんなに暑くても、蒸せても、約7分間弱、ハンドラーに集中し、動ける犬にしなければなりません。

 そんな私に出た先生からの厳命。
「伏臥や停座はいいけど、脚側の練習だけは、僕の前、練習日以外はせんといて」

「やるな」と言われると余計やりたくなるのが人情です。
でも、ここはじっと我慢。
ディルフィーの本来の脚側とやる気を思い起こさせるため・・・・


長く、暑い夏の、シーズンオフになりそうです。
スポンサーサイト
コメント

ひゃー、ディー君も先生もスゴイですね!
こんなの見ちゃうと益々アスティの競技会デビューが遠のくわ(笑)
こんな風にできてるアスティが全く想像できましぇ~ん。
先生も一見優しそうに見えるのにさすがやる時はやるのですね。
ショックと褒めるタイミングがホントに絶妙!
いやいや良いモノを見せてもらいましたぁ(^o^)
ニキははさん、ディー君、更に上を目指して頑張ってくださいね~♪

e-419のりさん
先生の妙技、勉強になりますでしょ?
私じゃ、こんな訳にはいきませんから・・・

それに、あんな腰引けオドオドが、2トライで別犬になるのも、遺恨は残さない、3歩歩いたら忘れる鳥頭のレトリバーの特性ですね?(笑)

>こんなの見ちゃうと益々アスティの競技会デビューが遠のくわ(笑)

あら、そんなこと言わないでダブルタイトル頑張ってよ~。
マジで応援するからさぁ~。
確かに、ショーと訓練の両立は難しいと思います。
まず、身体作りが違うもの。

>こんな風にできてるアスティが全く想像できましぇ~ん。

それは今はアスちんの身体が重いから・・・
ショーのために作った身体だから・・・
競技会用に動く犬にしようと思ったら、2周りくらい絞らないといけないと思うよ。

う~ん、大変だね(あくまでも他人事)

>ニキははさん、ディー君、更に上を目指して頑張ってくださいね~♪

うちは年齢的にもう時間がありませんわ。
その言葉、そっくりのりさん、りょうさんアスちんに御返しします~(爆)

ディーくんの脚側の練習、とっても参考になります。
かど・・・、悲しいかな、家のアフズにはつかえない・・・。
やっぱり、アフはおだて盛り上げ、調子に乗らせるしかできないかも。サブちゃんと一緒。
うちは競技会はぜ~ったいに無理ですねぇ^_^;
でも、あとの動画でのディーくん、先生と息がぴったり!
訓練士の先生って、やはり凡人ではないオーラをもっているのですよね。
嫌がらずに嬉しそうにさせるって、どうしたらいいの?
それがコワくて自分ではキツメにってできないよね。

うちも、少しずつ少しずつ進んではいるような・・・^_^;
先生にドラハのアフの話をしたら、「ワンコマンドでジッと待つ!」が今の合言葉となりました^m^
けど、そうはいかないうちのアホズなのだv-8

叱られても、その後褒めれば立ち直れる犬はやり易いよ。

でも、その褒め方がまだまだ私は下手らしい。

あれだけ腰が引けるくらいショック入れられて、オドオドビクビクが、2往復した後は、あんな嬉しそうな笑顔で先生に着いていくんだからね~。
あの表情見てると、決して「力に従っているわけじゃない」って思うもん。

私がやると、ショックを入れたことでピシッとした動きにはなりましたが、嫌々やってる感が全身から漂ってました。
まだまだ修行が必要です。

そちらも、先生と「合言葉」を胸に頑張ってね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。